ゴルフリンクでは最先端の解析機材を使用して、レッスンメソッド「GLM」に基づいたトレーニングプランを作成してレッスンします。

GLMとは?

ゴルフリンクでのレッスン

レッスンメソッドGLMは「スイングはアドレス → テイクバック → バックスイング → トップと動作の順に構築されるべきものであり、ターゲットに近い距離のクラブ程、ターゲットに寄せられるべきである」というコンセプトに基づいて作成されています。

アドレス、テイクバック、バックスイング…と解析しながらスイング作りを開始します。これは初心者、経験者に関係なく、先ずは基本動作のチェックからレッスンは始まります。

トレーニングするクラブはアイアン→ユーティリティ→ウッド→ドライバーとレッスンの進捗状況をコーチが判断して進めていきます。

スコアアップに直結するショートゲームのトレーニングも並行して行なうことで、スキルアップを数値化することで実現していきます。

セミパーソナルトレーニング

ゴルフリンクでのレッスン

ショートゲームとアイアンをベーシックとしたトレーニングプランを作成して、スイングの基本パーツから構築していきます。応急処置的なレッスンではなく、根本的原因から改良に取り組むレッスンを計画的に進めます。ゴルフリンクではワンポイントレッスンのシステムがありませんが、根本的な改良を行うにはワンポイントレッスンでは不可能と考えているためです。

更に1クラス2名の少人数制なので、おひとりずつ丁寧に時間を掛けたレッスンを受講することができます。少人数制だからこそ可能となる、課題ポイントの反復チェックが、着実なスキルアップのベースとなります。

ショートゲームやアイアンでトレーニングすることで、コンパクトで再現性の高い、合理的なスイングが形成されていきます。

ダブル解析システム

身体やクラブの動きを3D化、弾道を数値化するダブル解析システムを使用して、現在のスイングを可視化しながら毎回レッスンします。

クラブの動きと弾道解析のデータを整合させることで改善点が具体的となり、理解度が高まります。各打席に弾道解析機を完備しているため、常に現状を数値化して把握することが可能となり、効率的なトレーニングに取り組めます。

パッティングについても最新の解析機材を使用してレッスンしますので、ゴルフを総合的にスキルアップすることが可能となります。

コースレッスン

コースレッスンもスタジオレッスン同様に、少人数制でおひとりずつ、時間を掛けた丁寧なレッスンをコンセプトとしています。

開催コースはショートゲーム専用の練習エリアがある、設備が充実したコースに厳選してアプローチやバンカー、パッティングに集中したレッスンをします。ドライビングレンジでのショットレッスン、9ホールのラウンドも行ない、コースマネージメントや傾斜地、ラフでの対応方法等々をレッスンします。スタジオでのレッスンをカバーする、充実したトレーニングメニューです。

コーチ

土居 達郎(どい たつろう)プロフィール

2010年にPGAティーチングプロ*資格を取得して本格的にレッスンを開始する。

高度な解析システムを使用したインドアスタジオで最先端のゴルフスイングカリキュラムを研究、ヒトの身体の根本的な使い方の知識を深めるべく、トレーナー資格を取得するなど常にゴルフレッスンのスキルアップに努め、2017年にゴルフリンクを設立する。

PGAとは?

PGAロゴ

日本プロゴルフ協会(Professional Golfers’ Association of Japan)の略称です。日本の男子プロゴルフを統括する公益法人で、日本プロゴルフ選手権大会の主催、トーナメントプレーヤーとティーチングプロの育成、ジュニアゴルフの普及活動を行っています。当スクールは、PGA公認のゴルフスクールです。